凄過ぎる日本企業の技術力

凄過ぎる日本企業の技術力

世界初!日本の技術「中興化成工業」フッ素膜材の建材が五輪で活躍!

左側に入力する内容
右側に入力する内容
凄過ぎる日本企業の技術力

【世界で需要】日本の地雷除去機が世界で必要とされている!!

戦争中は、敵の命を奪い、また兵隊を負傷させる事で、 兵力を弱める為に、あらゆる武器が使われました。 現在の紛争地帯を除き、 戦争後の今日でも地球上には1億個以上の 地雷が埋まっていると言われています。 その...
凄過ぎる日本企業の技術力

【凄い!!】世界に負けていないぞ、日本のトンネルも世界最長記録に挑戦中♪

1961年に日本の最も長いトンネルとして、 掘削が開始しされたのが、本州青森県青森市と 北海道を結ぶ「青函トンネル」で、 全長53 . 85kmでした。 1985に貫通し、1988年には営業開始しました。 この...
凄過ぎる日本企業の技術力

世界のドンベリが認めた日本の桶職人のシャンパンクーラーの秘密

人間国宝となった、京都府在住の 桶職人である中川清司氏と長男の周士氏の中川木工芸があります。 今、この伝統文化である木工技術に欧米から注目されています。 昔は、200軒ほどあった桶屋も、現在ではなんと 4軒し...
凄過ぎる日本企業の技術力

日本のボールペンが精密技術で高級ブランドより人気の海外の反応

ボールペン用微細バネのミクロ発條は世界のトップクラス。 というから驚き!! 細かい仕事や寸分と狂うことのない製品には、 器用な日本の技術は欠かせないと言われています。 まして、ボールペンに使用...
凄過ぎる日本企業の技術力

世界中の水族館が採用!日プラの水槽が選ばれる圧倒的な理由!

日本で最も大きな水槽と ジンベイザメで有名な、沖縄県の美ら海水族館。 皆さん行かれた事はありますか? あの迫力には圧倒されてしまいます。 この水族館の売りは、やはり「黒潮の海」と呼ばれている巨大水槽です。...
凄過ぎる日本企業の技術力

【日本のベンツ?】日本製のミニシャベルと呼ばれる『小型建機のベンツ』

世界のシェア2位を確立している建設機械は、 日本の得意分野の一つです。 コマツ・日立建機・コベルコ・住友建機などの 大手メーカーが世界中で活躍しています。 重量6トン未満の「ミニシャベル」を世界で初めて開...
凄過ぎる日本企業の技術力

世界一のシェア、根本特殊化学の夜光塗料ルミノーバの圧倒的技術

夜光塗料と言えば、代表的なものとして 多く使用されている時計を思い出されるでしょう。 他には、スプレー缶や部屋のインテリアに 使うシール等、色んな形でお店に並んでいますね。 その代表的な時計の夜光塗料は、日本...
凄過ぎる日本企業の技術力

【超高速】東芝エレベーター「最速」の世界技術

高層ビルを高速で上下するエレベーターは、 日本が世界に誇る技術の一つです。 日本で代表的なものは、東芝が作った エレベーターには東京スカイツリーがあります。 売上では欧米大手の4社にかなわないが、 速度・静かさ・待ち時間を...
凄過ぎる日本企業の技術力

海外セレブも大絶賛!日本が誇るメイク道具、熊野筆が凄すぎる!

筆といえば、書道や絵画を思い描く人が殆どでしょう。 熊野町が筆で有名とされていない理由として、 大手化粧品メーカーのOEM生産が主となっているからです。 中国製の安価な筆が攻勢を強めているが、 日本の高品質な...
凄過ぎる日本企業の技術力

【偽造紙幣】防止技術は日本が一番!!海外の紙幣印刷も手掛けていた。

最近は余りみませんが、 以前は希に偽札のニュースがありました。 日本の偽札偽造防止技術は 世界最高と言われている。 偽造紙幣は、米ドル札や英ポンドと比較すると、 日本の場合は無いに等しい数字です。 そ...
凄過ぎる日本企業の技術力

日本の癒し系ロボット技術に感動する海外の反応→ギネス世界記録

高齢者や障がいを持つ人、病気の人などに 動物セラピーというのがあるが、 実際は医療機関や福祉施設に動物を入れる事は、 衛生上問題があるとされています。 そこで、登場するのが
凄過ぎる日本企業の技術力

【な~るほど】日本の地方企業が、ラジコンヘリで世界一のシェアを確立した!!

ラジコン操作の無人ヘリコプターが、 災害時や事故の空からの撮影・農薬散布などの 農作業で使用されているのは、知っているでしょうか? 人が近づけない場所、広範囲の農地には、 欠かせないラジコンへりとして活躍して...
凄過ぎる日本企業の技術力

世界一の歴史と技術!日本の和紙が無形文化遺産に登録された理由

かつて、国内外におけるタイプライターの用紙には、 土佐特産の「典具帳紙(てんぐじょうし)」という和紙が使われていました。 この和紙は、薄く・強い紙として愛用され「カゲロウの羽」とも賞賛されていた程です。 しかし...
凄過ぎる日本企業の技術力

こんな機械があったんだ!!日本で開発された【包成機】は、世界で95%のシェアを誇る。

「包成機」とは、パンや餅などの生地の中に 具を入れる機械の事です。 こんな機械があるとは知りませんでした。 この包成機は、福井県坂井市にコバートという会社があります。 従業員は、なんと100名程の小規模ながら、この包...
凄過ぎる日本企業の技術力

世界一?日本の砲丸投げ職人の凄すぎる技術力が金メダルを量産?

日本の町工場、埼玉県富士見市にある有限会社辻谷工場では、 五輪で使用する砲丸が作られています。 五輪では、審査で認められた数社の砲丸の中から、 選手が自分に合う砲丸を選ぶ事になっているのです。 この日本の...
凄過ぎる日本企業の技術力

【ノーベル賞】新潟県燕市産のカトラリーがノーベル賞を宴に使用されていた!!

金属洋食器で有名とされており、国内の9割以上 作られているのは、新潟県燕市に会社がある 山崎金属工場です。 この燕市は、スプーンやフォークの 金属洋食器の名産地でもあります。 この企業が一躍注目を浴びたのは...
凄過ぎる日本企業の技術力

世界一細い手術針、マニーと河野製作所は日本中小企業が誇る技術力!

栃木県宇都宮市に本社を置くマニーは、 社員数が約300人と小規模の会社です。 手術に使用する器具の種類は無数にわたり、 その用途に合わせて様々です。 例えば、「針」一つにしても、形状や加工に工夫されており、 組織を...
凄過ぎる日本企業の技術力

日本発!国際規格となった点字ブロックが黄色な理由と発祥の地とは?

歩道を歩いて、よく目にする黄色のブロック。 目の不自由人のために作られた「点字ブロック」という物ですが、 岡山県が発祥の地だという事を皆さんはご存知だったでしょうか? 点字ブロックが世界で初めて設置されたのは、 1967...
凄過ぎる日本企業の技術力

世界最高水準の普及率で日本の水道水が飲める国の歴史!

蛇口をひねれば、 飲み水が出てくるのは『当たり前』の日本。 でも、そんな国ばかりではなく、 水に困っている人の方が、 この世界たくさんいるのではないでしょうか? アジア主要の都市で、 水道水から浄水場から蛇口に届...
タイトルとURLをコピーしました