日本のボールペンが精密技術で高級ブランドより人気の海外の反応

スポンサーリンク

ボールペン用微細バネのミクロ発條は世界のトップクラス。
というから驚き!!

細かい仕事や寸分と狂うことのない製品には、
器用な日本の技術は欠かせないと言われています。

まして、ボールペンに使用されている微細な
部品のバネ等の製造は、他の国には
真似の出来ない技術かもしれませんね。

このボールペンの微細なバネを作っているのは、
長野県諏訪市に本社を置くミクロ発條という会社
で、
国内シェア7割、世界シェアでは5割を占めていました。

そんな折り、大手筆記具メーカーにより、
インクの漏れにくいペン先を製造するため、
バネ作りの開発に着手しました。

ペン先の金属球は、とても微小だった事もあり、
外径約1ミリの微細なバネには困難を極めました。

しかし、筆圧がかかった時にだけ、
インクが出る構造の開発に成功しました。

このボールペンに欠かせない先端にある金属球を
支えるバネでの、筆記具メーカーの需要により、
量産の体制を整備した事により、世界のトップシェアを獲得しました。

今や外径0.07ミリの世界で最も微細なバネの
量産に向けて、日夜挑戦し続けているのです。

さすが、細かい仕事が得意な日本の技術者ですね。

いつも使う日本のボールペンですが、ひとたび海外に
出ると、比較できるほど素晴らしいボールペンが
存在しないことに気づきます。

たった100円程度のものにも手を抜かない。
日本の技術には感謝します。

ちなみに、日本製ボールペンは海外では
すごい人気で、使っていると海外の人に
とても欲しがられてしまいます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました