世界中の水族館が採用!日プラの水槽が選ばれる圧倒的な理由!

スポンサーリンク

日本で最も大きな水槽と
ジンベイザメで有名な、沖縄県の美ら海水族館。

皆さん行かれた事はありますか?

あの迫力には圧倒されてしまいます。

この水族館の売りは、やはり「黒潮の海」と呼ばれている巨大水槽です。

水族館のガラスを見てもらえば分かりますが、
水圧に耐えれるように、数十cm単位の厚さを使用しているようです。

この水槽に使用されているアクリルパネルを
香川県高松市に本社を構える日プラです。

なんと社員数80名程の会社ですが、
水族館用のアクリルパネルでは、
世界に70%のシェアを持っているというから、驚きました。

日プラは元々、電気メーカーの下請け工場として開業してきました。
しかし、地元の水族館にアクリル製水槽を納品したのを、
きっかけとして、水族館用水槽に特化した事業展開を開始しました。

薄いアクリルパネルを何枚も重ねてせいぞうするのですが、
特殊な接着剤を使用して、巨大な水圧に耐えられる強度と
透明度を実現化しました。

現在では、世界50ヶ国以上、180以上の水族館や動物園へ納入されている実績があります。

2002年には美ら海水族館の水槽パネルが世界最大として、
ギネスの世界新記録に認定されています。

その後は、2008年に更に巨大な水族館用水槽パネルを、
ドバイの「ザ・ドバイモール水族館」に納入しており、
ギネスの世界新記録を更新し続けています。

沖縄に行かれる際は、是非とも沖縄県の美ら海水族館に
立ち寄ってみて下さい。

今までと違う視点で、水族館を楽しめるかもしれませんね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました