世界が評価!国産デニムブランド児島ジーンズが海外で人気の理由

スポンサーリンク

ジーンズは鉱夫の作業着として、アメリカで作られたものだが、
リーバイス・ストラウス社が製品化して、戦後日本に輸入され始めた。

このジーンズは、綿の学生服生産で市場独占していた 岡山県倉敷市児島という所のものです。

このジーンズは、綿の学生服生産で市場独占していた
岡山県倉敷市児島という所のものです。

合成繊維の普及により、
紡績や染色が存亡の危機に瀕している頃、
マルオ被服(ビックジョンの前身)が
1965年に自社縫製のジーンズを製品化に成功したのです!

[note]これが、児島が「国産ジーンズ発祥の地」と云われる由縁です。[/note]

昭和40年代からのジーンズブームにより、
児島では多くのジーンズメーカーが誕生しています。

同県、井原市も綿織物が盛んな地域で、
デニムによく似た小倉織の産地
としてしられている。

m_E38395E382A1E382A4E383AB0026-fb4e7

ここでも、早々にデニム生地生産を始めた事から、
「ジーンズのふるさと」
とも言われています。

今日では、
伝統技術の高級ジーンズやオーダーメイドジーンズで
世界のジーンズファンから「ジーンズの聖地」として
注目を浴びており、最近の国内生産の格安ジーンズとの
競合を避けて、世界に向けて活路を開いて
います。

見ているだけでも素敵なジーンズが多くてぜひとも履いてみたいです。
お手頃な物なら1万円以下でもありますが、やはり仕立ての良い
かっこいいジーンズは2万円以上とかなりの高級品です。

カラダにほどよくフィットし、綺麗に見せてくれる素晴らしい
ジーンズを1着は持ってみたいものです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました