日本のウォシュレットトイレが海外で絶賛される理由!

スポンサーリンク

日本はトイレに入ると音楽が流れ、
人感センサーでふたが開き、用を足したら水が自動的に流れ、
便器の掃除までしてくれる。こんなトイレは、日本だけという。

日本ハイテクトイレ

日本人の生真面目さと清潔をアピールするには、
トイレは最適だ
といえるでしょう。

ハイテクトイレにこれだけの高機能を備えているのは、
世界でも日本だけです。

しかし、快適さだけを追求している訳ではなく、
節水などの環境にも配慮しているのです。

日本ハイテクトイレ海外

従来の一回の流す水量は13リットルでしたが、
90年代には8リットル、現在に至っては4.8リットルという
水量まで節水出来ている。

日本ハイテクトイレ02

一般家庭で使用される水の3割程は、
トイレに使われます。節水型トイレに買い換えれば、
水道代も節約されます。

欧米でもトイレの洗浄水量の規制が始まっていて、
これを機に、日本のトイレメーカーは、
世界水準として4.8リットル型のトイレを世界に売り込んでいます。

一番くつろげる綺麗なトイレは、良いですね。
ウォシュレットトレイは日本人のみならず、
世界中の人々が一度使うと病みつきになってしまい、

日本が恋しくなってしまう、
なんてエピソードも海外の掲示板などでは
議論されていたりするみたいですよ。

日本の「おもてなし」の心は目立つところ
だけでは無く、こう言う細かい配慮があるのが
和の心なんでしょうね!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました