役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪


ラジコン操作の無人ヘリコプターが、
災害時や事故の空からの撮影・農薬散布などの
農作業で使用されている
のは、知っているでしょうか?





人が近づけない場所、広範囲の農地には、
欠かせないラジコンへりとして活躍しているようです。



このラジコンヘリは世界のシェア40%を占めており、
開発したのは広島県府中市にある
「ヒロボー」という会社
です。

ちょっと、珍しい社名ですが、広島紡績の前身に由来しているという。


紡績事業の不況を煽って、ヒロボーでは
プラスチック事業とエレクトロニクス事業を
展開することになりました。



当時、「世界一」を目指せる分野として、
目を付けたのが、競合会社が2社しかなかった
ラジコンヘリコプター
でした。


1983年、ホビーは低価格のラジコンヘリが
年間5万機を売り上げ
ており、世界のトップに君臨しました。


その後は、ヤマハと産業用のラジコンヘリコプターの
開發に成功
しました。



2010年は、千葉大学と共同研究を行い、
リチウムイオン電池を搭載した
ラジコンヘリコプターを開発
しました。





今後、燃料を積まない事で軽量化と安全性を
向上させる事ができると、商品化に向けて
研究は継続されています。


ラジコンヘリは、趣味など以外で使う事がないと
思っていましたが、人の行けない場所へと
飛んでいけることから、色んな分野での用途が
増えそうですね。


合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。