役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

金属洋食器で有名とされており、国内の9割以上
作られているのは、新潟県燕市に会社がある
山崎金属工場
です。





この燕市は、スプーンやフォークの
金属洋食器の名産地
でもあります。

この企業が一躍注目を浴びたのは、
1991年のノーベル賞創設90周年記念の晩餐会で、
同社のカトラリーが使用された
事がきっかけとなりました。





1980年、山崎金属工業はニューヨークに
現地法人を設立しています。

以前から、海外展開に力を入れていた山崎金属工場は、
有名デザイナーとコラボレーションを組み、
高級市場向けの商品開発に取り組んでいました。

その時に、ノーベル賞で使用するカトラリーのデザインを
手がけていた、スウェーデン人のゴナ・セリンと
いう人物との出会い
がありました。


本来、晩餐会の食材や食器はスウェーデン製の物を
使うが、カトラリーは国内で調達できませんでした。


そこで、戦前からスウェーデンとの取引があった、山崎金属工場の最高技術のカチラリーが急遽使用される事になりました。





その晩餐会で使用されたカトラリーは無償で
提供されましたが、「ノーベル賞のカラトリー」として
全世界において、製品販売する権利と栄誉を得る

こととなりました。





世界に誇れる技術をもつ、日本の製品は世界でも
信用されていることは、不動のものでしょう。

日本人だから出来る技術のうちの一つでもありますね。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。