役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

デパートのレストラン街で、ショーウインドウの中に列べられた
「食事のサンプル」を、皆さんも一度は目にした事はあるでしょう。





1917年にいわさきグループ創設者の岩崎瀧三氏が、
ロウを使ってオムレツのサンプルを作ったのが、第一号
でした。

食品サンプルは、現在でもいわさきグループが
5割以上のシェアを占めています。



そして、食品サンプル作り体験を出来る
「サンプルビレッジ・いわさき」が岐阜県にあります。


試作当初は、寒天を型に取って、ロウを流し込んでいましたが、
寒天は熱に弱いという弱点があり、成功には至らなかったようです。


そこで、次に使用したのは、
シリコンの型に塩化ビニールを流し込む方法でした。




当時は
シリコンは画期的な技術革新で長持ちすること。

そして、どんな形にも自由自在に
加工可能な塩化ビニールを使用する事により、
食品サンプルはより精巧なバラエティ豊富な
サンプルを作る事を可能にしました。






お店で出すメニューに合わせて、
基本的に手作りで製作する事が必要でした。


現在では、
外国でも日本の精巧な食品サンプルは人気があり、
お寿司を型どったキャンドルやUSBメモリー等がお土産として、
購入している人が多いそうです。





この間、電気街を歩いていると
食品サンプル専門店を発見しました。





食品サンプルにキーホルダーを付けたり
マグネットを付けていたり、
はたまた、掛け時計にまで加工されたものまで
豊富に取りそろえられており、
海外の方々だけでなく日本の女子高生の間でも
パフェ型のサンプルなどはスマホやカバンに
付けるのが流行っているようです。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。