世界が注目?日本の医療技術で花粉症とアトピーが治る薬が実用化?

スポンサーリンク

アレルギーと言えば、花粉やアトピー性皮膚炎、
食物、ハウスダストなど、さまざまなアレルギーがあるが、
この症状は多少の違いはあるものの、

花粉症

体内にこれらのアレルギー源が入り込み、
「抗原」に刺激された「肥満細胞」が化学物質を
放出する事で起こるとされています。

このアレルギー発症後の対処薬はあるものの、
アレルギーの発症を抑える治療法は見つかっていなかった。

アレルギー対策アラジン1

しかし、渋谷彰教授を率いる筑波大学のチームは、
化学物質を抑えるメカニズムを探り、
体内にあるタンパク質に辿り着いたとされる。

筑波大 渋谷彰
表彰された筑波大・渋谷彰さん。

それは、アレルギーを引き起こす
肥満細胞の表面に原因がある事を突き止めたのです。

アラジン1

タンパク質には、抗原の種類を問わずして
アレルギー反応を制御できる事が判明し、
「アラジン1」と命名されました。

 
このアラジン1の働きを高めることにより、
おおよそのアレルギー反応を元から抑えることが
出来ると万能薬・治療薬として、大変注目を浴びています。

アラジン1

日本人の3人に1人は、
何らかのアレルギーを持っていると言われていることから、
それを機に日本だけでなく、
世界初の大発見となったかもしれないのです

あと、数年後には、アレルギー制御万能薬として、
実用化される事が期待されています。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました