役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

戦争中は、敵の命を奪い、また兵隊を負傷させる事で、
兵力を弱める為に、あらゆる武器が使われました。

現在の紛争地帯を除き、
戦争後の今日でも地球上には1億個以上の
地雷が埋まっている
と言われています。





その為、地雷の除去をしていても、間に合わず、
未だに命を落としたり、負傷する人達が後を
絶たないのが真実です。

そして、地雷がすぐそばに埋まっている所で、
生活している人達がいるのです。





1994年に山梨日立建機の雨宮 清社長は、
カンボジアの首都であるプノンペンに出向いています。

その時に、地雷の被害者達の実情を目の当たりにしたのを機に、
油圧シャベルを使った地雷除去機製造しようと
考えるようになりました。
そして、翌年には、社内にプロジェクトチームを設置しています。

カンボジアの人達の多くが農地を
復興させたいとの思いを知り、この意見を取り上げて、
地雷除去機の開発に4年以上も掛けて成功させています。


シャベルの先端のアタッチメントをさまざまな
農機具に付け替えることで、地雷除去だけでなく、
農作業も可能なシャベルを開発
しました。






日本政府のODAが2000年にカンボジアに2台納入をしています。
それを皮切りに、現在は9カ国で76台以上の地雷除去機が稼働しているというのです。


また、こだわりはアタッチメントに留まらず、
地雷が埋まっいる地域の物理的条件に合わせて、
1台ずつオーダーメイドで製造しているという配慮も
忘れていない所が凄いと思います。


このような、機械が活躍する場がなくなる事を願いつつ、
今後も更に世界中から地雷除去機を求める声は高まりそうです。

よく「戦争の傷跡」と言いますが、
まさにこの現状が言葉の通りである事。

そして、この地雷による被害者が多い事から、
何故、人間は戦争が「悪」だという事を
学習できない動物なのかと悲しくなります。


合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。