役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

高層ビルを高速で上下するエレベーターは、
日本が世界に誇る技術の一つです。

日本で代表的なものは、東芝が作った
エレベーターには東京スカイツリー
があります。

売上では欧米大手の4社にかなわないが、
速度・静かさ・待ち時間を短縮する
システムを武器として、世界市場でも健闘しています。






2004年に台湾に完成した超高層ビルに、
世界最高速のエレベーターを納入
しています。

地上1階から89階までを39秒で結ぶ
分速1010メートル(時速60.6キロ)
が設置されています。

ビル名は「TAIPEI101」

このビルの高速は、ギネスの
世界記録として認定
されています。


東芝を超えると注目されているのが、
三菱電機です。

2014年に完成予定の「上海中心大廈」
(地上632メートル)の注文を受けて、
実験の段階では分速1080メートルを実現
しています。

一方、2010年には日立製作所が
「GTOWER」(高さ213.5メートル)を完成
させている。

世界で最も高いエレベーターの研究を中心として、
世界で最高速・最大級のエレベーターの開発に
日夜取り組んでいます。





一時期、テレビでエレベーターの故障騒ぎが
ニュースで取り上げられていましたね。
安かろう、悪かろうで故障やケガをしてしまっては
生活を脅かされてしまいますよね。

その点でも、日本のエレベーターは
安全性と高速化のための技術を高めているからこそ
世界からも受注があるのでしょうね。



合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。