役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

最近は余りみませんが、
以前は希に偽札のニュースがありました。

日本の偽札偽造防止技術は
世界最高
と言われている。





偽造紙幣は、米ドル札や英ポンドと比較すると、
日本の場合は無いに等しい数字です。

その理由は、日本の紙幣には
いくつもの偽造防止技術
が使われており、
カラーコピーや一般的な印刷機では
再現できないようになっているからです。


この紙幣の印刷機を
唯一国内生産しているのは、
「小森コーポレーション」という会社
です。



「ホログラム」(角度を変えると模様が変化する)、
「特殊発光インキ」(紫外線を当てると光る)、
「潜像模様・パールインキ」(紙幣を傾けると文字などが浮かび上がる)、
「深凹版印刷」(表面が盛り上がる)等、

日本の技術を集大成したような、視覚や触覚に施されている
独自の技術が、偽造防止に活躍しているのです。






この技術が海外の政府からも高く評価されており、
ユーロ紙幣をはじめ、ロシア・インド・フィリピンなどの
紙幣印刷設備の受注が来ているのです。





いくつかの技術が施されている事は知っていましたが、
5種類もの技術が紙幣に使われているのは、
初めて知りました。

今度、じっくり見てみようと思います。

あと、気になるのは、コインの方ですね。
コインも何かしらの細工がほどこされているのでしょうか?

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。