役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

あしたのジョーの登場キャラの設定ミス

iishi

悲惨な人生となった力石徹

ボクシングをテーマにしたスポーツマンガ「あしたのジョー」で、主人公である矢吹丈のライバル
として登場するのが力石徹ですが、力石は丈と戦うためにウエルター級の66kg→フェザー級の57kg→
バンタム級の53kgまで、13kg以上も減量したのです。

この減量は、ほとんど脂肪が無いボクサーにしたら命取りになりかねず、実際力石はそれが一因となり、
丈との対戦の後に亡くなってしまいます。

あくまでもマンガの世界で架空の人物の話しなのですが、連載当時は力石の死を惜しむファンが相当
多かったこともあり、実際に葬儀・葬式が執り行われています。

このとんでもない減量に至った理由には、作画担当のちばてつや氏がボクシングをあまり理解していない
上、力石を大男に描いてしまい、
「こんなに体格差があったらとても対戦できない」と原作者の高森朝雄
(梶原一騎)氏が慌てて過酷で非常識な減量ストーリーを作ったのです。

しかも梶原氏は、力石を重要キャラとしていなかったということで、1つの出来事が大変な事態の元となって
しまったのです。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。