役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

日本が世界一位でシェア70%の企業独占?バイオプラスチック技術!

プラスチック製造は比較的簡単な為に、
新興国では安価にて大量生産が可能となっています。

日本では、それらと差別化を図るため、
独自の技術を活かし、各メーカーが
プラスチック光ファイバーの開発に乗り出しています。

日本は、従来から
光ファイバーが力を入れてきている分野です。

光ファイバープラスチック (1)

三菱レイヨンなど大手企業は、
既に世界70%のシェアを占めている程です。


他に、旭化成・東レを加えた3社により、
更にシェアを広めてきています。

特に、旭硝子は独自の技術を活かし、
プラスチックの柔軟性に目をつけて、結んだり、

曲げたり出来る通信が可能な世界でも
最高速の光ファイバーを開発しています。


映像のフルハイビジョン化に伴い、
高速且つ大容量通信の需要が高まる中、
世界から注目を集めています。

光ファイバープラスチック (3)

また、再生可能な資源の活用や
地球温暖化の防止などの観点からも、

バイオプラスチック分野は、
日本技術の先進性に期待が高まっています。


ファイル0026.jpg

トヨタ自動車をはじめ、
キャノン・リコー・NECなどが
それぞれの得意分野で、

特性をもつバイオプラスチックを
製品の開発と採用に積極的に取り組み、

「世界最高水準」や「世界初」を次々に実現化させています。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。