世界一の技術力でギネス認定された日本のモノレールが海外進出!

スポンサーリンク

日本都市部のような人口が密集した場所には、
モノレールは低コストで走らせる鉄道は理想です。

何故なら、高架を利用する事で土地を買収する必要がないためです。


1997年の東京モノレール(17.8キロ)を抜いたのは、
大阪モノレール(21.2キロ)で世界で最も長いモノレールで、
世界最長の記録として、ギネスの世界記録にも認定されています。

大阪モノレールは、「跨座型(軌道をまたいで走る)」のタイプです。

また、
軌道の下にぶら下がった「懸垂型」タイプの世界最長記録(15.2キロ)は
千葉都市モノレールとして、ギネスの記録を保持
しています。

ロカ線は1980年代初頭、日本の技術協力により
ブエノスアイレス近郊区間が交流25kV電化され、日本製の電車を導入。

ブレノスアイレスを走る川崎重工製列車

ブレノスアイレスを走る川崎重工製列車

現在は177両がポルトガルからの中古車とともに活躍しています。

日立製作所をはじめ、他の企業もモノレール業界では、
海外に技術やノウハウを売り込んできました。

韓国の大抵匠の中国発か 中東初の2014年に、
日本技術によるものでした。
人口密集している地域にとっては、
日本のモノレールの技術は注目されはじめています。

海外に行った際に電車に乗ることがあれば
ぜひとも列車をよく見てください。

日本のメーカーの名前を見つけることが
できますよ。

モノレール以外にも日本の列車が海外で
活躍しているって少し嬉しい気持ちになりますね。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました