世界を救う日本企業の海水から真水を作る浸透圧装置フィルター技術

スポンサーリンク

地球上にある淡水は2.5%だけですが、
実は人間が口にして飲み水として利用できるのは、
その内の0.01%だけなんです。

人口増加や経済成長、砂漠化などで、
世界には水不足が深刻な国が沢山あるのですが・・・。

そこで、海水から真水を作る技術が注目されている。

真水を水に変える技術 (1)

[note]この海水から真水を作るには「逆浸透膜」がカギとなり、
1ナノメートル(10億分の1メートル)以下の小さなフィルムフィルターを通して、
濾過し、「逆浸透」という現象により、
海水から真水を取り出すことができます。[/note]

ウイルスも除去でき、
排水を浄化して真水に変えることも可能だという。

最近では、放射能汚染の件で、
スーパーに置かれている水も、この「逆浸透膜」を
使用しているようになってきている。

勿論、飲料関係のメーカーでは、
今はこの濾過をしている事でしょう。

真水を水に変える技術 (3)

逆浸透膜の分野で有名な企業は、
日東電工、東レ、東洋紡の3社が、
世界シェアの約5割を占めているのです。

2011年、アルジェリアで
世界最大の淡水化プラントは、東レの
逆浸透膜を採用している。

また、同年にはオーストラリアで
稼働する世界第2位の淡水化プラントには、
日東電工の逆浸透膜が採用
されています。

真水を水に変える技術 (2)

[warning]今や世界中の人々の命や生活、
産業を支えているのは、日本の濾過する
「膜」の技術です。[/warning]

日本は技術力を独占して
お金儲けのみを目的とせず困っている人を
助ける発想で技術力が発達させることを可能した、
世界でも稀な国です。

今後も海外から尊敬の目で見られる、
日本企業の世界貢献を期待します。

https://youtu.be/2oFj3Z1KqOc
↑日本の水の凄さに対する海外の反応動画↑

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました