日本の癒し系ロボット技術に感動する海外の反応→ギネス世界記録

スポンサーリンク

高齢者や障がいを持つ人、病気の人などに
動物セラピーというのがあるが、
実際は医療機関や福祉施設に動物を入れる事は、
衛生上問題があるとされています。

そこで、登場するのが
アザラシの形をしたロボットの「パロ」ちゃん

普通のぬいぐるみのように見えるが、
学習機能も備わり、本物のペットのように
触り方や抱き方などで、愛らしい反応をします。

また、飼い主の好みを覚えて、更に可愛いさが増すというから凄い。

勿論、ぬいぐるみの中はハイテクの塊。
赤ちゃんながら、7ヶ国語を識別出来るバイリンガル

しかも、癒し効果が高いロボットとして、世界で注目され、
ギネス世界記録にも認定
されました。

2005年には世界に売り出され、約30ヶ国の福祉施設に導入されています。

その結果、『薬が減った』『会話や笑顔が増えた』との報告もありました。

今後は、デンマークで高齢者の福祉施設に
1000体規模での導入が予定されている
という事です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました