世界一早く正確?日本のインフルエンザ検査キットの技術力!

スポンサーリンク

近年、従来のインフルエンザと異なる、
新型インフルエンザの登場により、季節が限定される事なく、
流行になると一時期、話題になっていました。

新型インフルエンザ

新型インフルエンザは、発症してから48時間以内に
抗ウイルス薬を投与する事で成果を上げる
と言われており、
早期に新型インフルエンザと判定しなければならない。

と、いうのも、48時間以内にウイルスが
最も増殖されると判明しているからです。

従来のインフルエンザの検査キットでは、
体内の粘液を検査機関へ送るなどして病理結果が出るまでに、
6時間から2週間の時間が必要とされていました。

しかも、検査機関が少なく、
高価な為に検査機関自体が少なかった事も時間が
掛かった要因の一つと言えるでしょう。

インフルエンザ検査キット

新型インフルエンザの検査キットを開発したのは、
国立国際医療センターと医薬品メーカーであるミズボメディーが
共同で簡易検査キットを作り、既に実用化されています。

これは、従来のインフルエンザ検査キットを元に改良し、
キットに粘液を滴下すれば15分で新型か否かが判明するもの
です。

東洋紡インフルエンザ検査キット

その後は、東洋紡が6分で
判定可能なキットの開発販売されています。

今の季節、インフルエンザが流行る時期ですね。
皆さんも手洗いとうがいをシッカリして、予防しましょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました