卵は賞味期限が切れていても大丈夫

スポンサーリンク

735

何がダメで何がOKかを知りましょう

日本で「卵の賞味期限」の表示が義務付けられたのは1999年からですが、これは食中毒を防止する
ため、原因菌であるサルモネラ菌が増殖しない期間をベースとして「生で食べられる期限」という
意味で決められています。

つまり「生卵」として食べられる限界が賞味期限ということになります。

よって、目玉焼き・卵焼き・ゆで卵・スクランブルエッグなどのように加熱調理して食べる際には、
例え賞味期限が過ぎてしまっていても全く問題はありません。

賞味期限が過ぎているのを発見すると「食べられない」と思ってついつい捨ててしまいがちですが、
生卵の状態で食べなければ何の問題もないので捨てないようにしましょう。

また、卵は保存の状態によって賞味期限が異なり、以下のような目安となっています。

○4月~6月の春季は採卵後25日以内
○7月~9月の夏季は採卵後16日以内
○10月~11月の秋季は採卵後25日以内
○12月~3月の冬季は採卵後57日以内

冷蔵庫で保存していれば、賞味期限が切れてから10日後程度であれば加熱調理すれば大丈夫です。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました