役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

十返舎一九の東海道中膝栗毛はホモ話

4b910

苦手な人は控えましょう

十返舎一九「東海道中膝栗毛」の主人公でお馴染みの「弥次郎兵衛」と「喜多八」ですが
「弥次さん喜多さん」の愛称で親しまれており、映画・マンガ・歌舞伎などの影響で現代の私たちでも
知っていますね。

この物語は、江戸八丁堀住人の弥次さんが厄払いをするためお伊勢参りを考え、居候中の喜多さんと
共に東海道を旅しながら様々な出来事を展開するというものです。

しかし、ショッキングなことに喜多さんは元々弥次さんの陰間(江戸時代に茶屋等で客を相手にする
男娼)だった
のです。

弥次さんが現在の静岡市(駿府)にいた頃から既に男色関係で、弥次さんは喜多さんの常連客でした。

借金を抱えていた弥次さんは江戸に夜逃げしてた時に、喜多さんは奉公先の商家でトラブルを起こして
解雇されたため一緒に江戸に来たという経緯があります。

ちなみに出発当時は弥次さんが50歳で喜多さんは30歳と、2人は「20歳差カップル」だったのです。

個人的にはちょっと勘弁して欲しい事実です。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。