役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

働きアリと人間の共通点

a68ebc7a

一部が働き一部がサボる

2012年に北海道大学のグループが、働きアリの生態の研究内容について発表しましたが、その報告では
働きアリの「労働量」の差が大きいことが判明したということです。

最初から働き出すアリは大半の仕事をさっさと済ませますが、ゆっくり働き出すアリはマイペースで
仕事をするようです。

この研究では、掃除や幼虫への餌やり等の役に立つ行動を「労働」とし、自分の身体を舐める等の
行動を労働外行動とて分類しカウントしました。

その結果、労働回数が1割を下回る「サボりアリ」が10%、労働回数が4割を上回る「働くアリ」は10%
を下回った
ことが判明しました。

ですが、働きアリだけ集めても必ず1割はサボり出すアリがいることも分かりました。

その原因についての詳細は不明としていますが、研究者は「群れ全員が働くと一緒にパテるため、
一部が休んで力を温存しているのかもしれない」と話しています。

この状況、人間の世界にもありませんか?

「あの人たちが働いてるから自分はサボったっていいだろう」ということが。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。