役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

人斬り以蔵は相当情けない男だった?

5e1

岡田以蔵の勇ましい姿はどこへ

江戸時代末期の土佐藩士で、作家・司馬遼太郎の小説「人斬り以蔵」で名が知られている「岡田以蔵」
ですが、2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」では俳優の佐藤健が役を演じ、激しい拷問などを受けても
自分の罪を決して自白せず、仲間である武市半平太らを庇おうとする姿に心を打たれる人が多かった
です。

しかし、実際の岡田は女性でも耐えることができるような拷問でも泣き喚く上に簡単に罪を自白し、
仲間の名前も躊躇なく喋りまくる
といった人物だったらしく、ドラマとは正反対の男だったらしい
のです。

司馬遼太郎の小説の中に「獄中では武市が毒を盛り、自分を殺そうとしたことに怒り自白した」という
ところがありますが、これも司馬自身が作り上げたものです。

同時に捕かまった土佐勤王党の同志には、死ぬまで拷問に耐えた者もいただけに、岡田のこのような
言動を知り、自分の家族も犠牲となった武市は呆れ返っていたようです。

また、ドラマでは大抵イケメンの俳優が役を演じますが、実物は出っ歯でブサイクな男だったと言われて
います。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。