役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

安い魚にはウラがある

guro

一見新鮮そうに見えるのは薬剤によるものかも

養殖場の一部では、合成抗菌剤やホルモン剤を使用したことが原因で奇形した魚奇形魚」が固定の
割合で発生しており、こういった魚は商物にならないため普通は廃棄となりますが、よからぬ水産業者
がそれを引き取って流しているようです。

魚を下ろした状態の「フィーレ」で流してしまうと、解体されているので奇形魚でもバレることはまず
ありません。


化学薬剤で奇形してしまった魚が、まるでアウトレット品のように格安で悪い業者に買い取られ、
その後普通に市場に流れていることを考えてみて下さい。

もっと悪質な場合、日本で使用が禁じられている有毒ガス(一酸化炭素)をマグロなどに塗布して輸入
している業者がいるということです。
鮮度が落ちて黒っぽくなったマグロにこのガスを掛けると、新鮮な赤みが出て見た目がバッチリになる
ようです。

これらはどこに並んでいるかはもう分かりますね。

激安・格安・リーズナブルな価格の裏には、このようなことが行われているのです。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。