「考える人」は考えていない?

スポンサーリンク

ERA

命名した人物が別人

人間が脚に肘をつき、手を口元に当てながら下を見ている彫刻で有名なロダン作「考える人」は何を
考えているのか気になっている人は多いと思います。

そこで、考えている内容についてなのですが、ロダンはダンテの「神曲」を想像した作品である
「地獄の門」の一部にこの彫刻像を置きました。

そのことから、考える人は「人間が地獄に落ちてもがき苦しんでいる様子を見て、人間の日頃の行いに
つい考えている」など諸説言われていますが、この彫刻に考える人と命名したのは作者のロダンでは
なく、「詩人」という作品をロダンの死後に鋳造したリュディエが命名したとされています。

よって、この事実が本当ならば地獄の門も疑問が出てくるわけで、「門の場所にこれを置いたら
ちょっと意味深かもしれない」というように、後から手を加えた可能性もあります。

従って「実際のところは特に何も考えていない」という説も有力とされています。

さて、本当のところはどうなのでしょうか。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました