役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

若い女性好きのヘミングウェイ

ait

どうしようもない性格は死ぬまで治らず

アメリカの小説家「アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ」の無名時代を支えた妻のハドリー氏は、
綺麗で若いポーリーンとの出会いで直ぐに捨てられてしまいました。

ポーリーンの実家は大地主で、その実家からお金などの援助をしてもらえたことも魅力の1つだったの
でしょう。

しかし、へミングウェイは美しい人妻のジェーン(24歳)に恋してしまいましたが、結局5年間不倫した
上に大喧嘩して終わり、ポーリーンはホッとしたのも束の間、ヘミングウェイは今度ジャーナリストの
マーサと不倫します。

この結果、ポーリーンと離婚が決まりヘミングウェイはマーサと再婚しましたが、その後「タイム誌」
の特派員メアリと出会いますが離婚、またその後は事故で大怪我を負うなど不運が続き、健康にも問題が
生じて精神面もおかしくなったヘミングウェイは61歳で自殺
しました。

メアリは躁鬱の夫にかなり参っていましたが、亡くなるまで献身的に付き添いました。

ヘミングウェイの行動は「大作を書くため新しい女が必要だった」と言われていましたが、
「若い女にしか興味が無い」とも言われています。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。