役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

史上最大の津波の高さは500mを超える

_001

もはや想像できるものではない

1958年7月9日、アメリカ・アラスカ州でM.7.7の大きな地震が発生し、岩盤が氷河によって削れた
「フィヨルド」の斜面のリツヤ湾で大規模な山体崩落が発生しました。

崩落した斜面の岩石や土砂などが大量に海中に滑落し、リツヤ湾内で大きな水飛沫が起きました。

その影響で、沿岸部は500mを超える高さの超巨大な津波に襲われ、津波によってなぎ倒された
木々の跡から分析した結果、津波の最高到達水位は524mにまで達したと推察されています。

これは「リツヤ湾大津波」と呼ばれ、観測至上最大級の津波であることは間違いなく、500mを超える
津波はとても想像できません。

この巨大津波によって、湾に停泊していた漁船3隻中1隻が沈没し、乗組員2名が亡くなっていますが、
発生場所が人間の居住区域ではなかっため甚大な被害は免れました。

これが通常の居住地域、あるいは人口が密集している地域で起こっていたならば、その被害の規模は
想像を絶するものとなっていたことでしょう。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。