猫は内臓を自由自在に動かせる

スポンサーリンク

805-1

自分の身体よりも狭い場所を通り抜けられる秘密

猫の身体は非常に柔軟性に優れており、自分の身体よりも遥かに狭い場所も上手に通り抜けることが
できます。

その秘密としては、まず驚異的な関節の柔らかさと、中でも1番すごいのは
内臓を自由自在に動かすことができる」ことです。

これができるからフェンスの隙間や建物の間なども問題なく歩けてしまうのです。

当然ですが、狭い場所を通り抜けた後に直ぐに内臓を定位置に戻すこともできます。
私たち人間の感覚ではちょっと考えられないことですよね。

また、皮層の伸縮も自由自在なので、身体を捻ったり曲げたりどんな体勢でも対応が可能です。

さらに猫は三半規管が良く発達しているためバランス感覚に優れており、逆さまになって落下
しても空中回転が楽々行えるためしっかり脚から着地することもできます。

ある一説によれば、上述の通り三半規管が良く発達しているため、車に乗せてどんなに乱暴な
運転をしたとしても「車酔い」をすることは絶対にないということです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました