役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

うなぎの血には毒が含まれている

i-1

普通の魚だと思っていれば大変なことに

みなさんは「うなぎ」が好きですか?また、うなぎの血には「イクシオトキシン」という名の毒がある
ことを知ってましたか?

おいしいうなぎの血液の中には毒物が含まれているのです。

フグの「テトロドトキシン」のように猛毒ではありませんが、目の粘膜に入ると結膜炎を起こし、
程度によって失明することもあるレベルの炎症もあります。


また、口から入った場合は咽頭や舌の中毒症状によってはアナフィラキシーショックを起こすことも
あり、多量に入ってしまえば嘔吐・下痢・呼吸困難などを引き起こしますが、死に至ることは殆ど
ありません。


イクシオトキシンは熱に弱いため、60℃で5分も加熱してしまえば毒素は消えます。

「うなぎの刺身」をあまり見聞きしないのはこういったことにありますが、一部のお店では専用の血抜き
を施し刺身を提供しているということです。

うなぎを買ってきて自分で調理してみようと考えている人は、血液に毒があることを覚えておいた上で
調理をするように心がけましょう。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。