回転寿司もちょっと気をつけたい

スポンサーリンク

415

化学物質が多く含まれているかも

回転寿司といえばリーナブルな価格が売りですが、その一部のチェーン店では、型崩れを防止したり
新鮮に見せるための工夫が施されいますが、それには合成添加物(化学物質)が使用されていること
があります。

例として、ねぎトロはメジマグロ・ビンチョウマグロ・キハダの中落ちやトロの部分など、いろいろ
混ぜて作られていることが多く、中には名の通り「トロの感じ」を出すために、人工油脂を塗布して
いることもあるようです。

また、マグロは直ぐに変色してしまうため、酸化防止剤を使用したり着色料で赤みを出したり、ごく
当たり前に行われているということです。

養殖もののサーモンやハマチなどは、餌の時点で香料や防カビ剤を使用していることが殆どです。

もう1つは、備え付けられているセルフ用のガリにも、長時間常温で保存できるように合成保存料が
多量に入っていることが多いです。

全ての添加物が人体に害があるとは言えませんが、安さの裏にはそれなりの工夫があるということを
意識しましょう。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました