役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

薬の副作用で死に至る病

ri01

「SJS症候群」とはどのようなものなのか

SJS(スティーブンス・ジョンソン)症候群」という疾患を聞いたことがあるでしょうか。
これは粘膜や皮膚が過敏になる症状で、漢方薬・風邪薬・解熱剤などの一部の副作用で発症します。

症状としては、のどの痛みや発熱などの風邪に良く似たもので、それが進行すると粘膜や皮膚の多く
に糜爛(びらん)などが起き、目に症状が出れば失明してしまうこともあります。
また多くの場合、治療を行っても目に後遺症が残るということです。

幼児~高齢者まで幅広く発症し、最悪の場合死に至ることもあり、2012年までの5年間で1220件が
重篤な症状で、そのうちの24件が死亡していると厚生労働省が発表しています。

この原因である薬物は実に100種類以上もあり、まだ症例が少ないために医師でも診断が大変難儀で、
誤診で適切な治療がされずに発見が遅れ悪化した症例も多いです。

SJS症候群に限らず、私たちがあまり知らない疾患がまだまだあります。
「自分には関係ない」と思わず、積極的に興味を持ちましょう。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。