役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

スズランは猛毒植物だった

504

最悪の場合死に至ることもある

観光スポットなでミス○○と書かれたタスキを掛けた女性がにこやかに「スズラン」を配布している
シーンを見たことがあるかと思います。

スズランは園芸用等に販売されており、ごくごく一般的で可愛らしい植物のように感じますが実は
有毒植物」ということをご存知でしたでしょうか。

含有している主な物質としては、コンバロシド・コンパラトキシン・コンバラマリンといった
強心配糖体の有害物質ですが、これらは根や花を中心に多く含まれており、誤ったり何らかの原因で
体内に入ってしまった場合、頭痛・眩暈・嘔吐・血圧低下・心不全・などの症状を引き起こし、
症状が重い場合は心臓麻痺による心停止で死亡することもあります。


また、実も赤く熟しますが、こちらにも猛毒が含まれています。

スズランを活けていた水を何かの拍子で飲んでしまい中毒になったり、山菜で人気の高い
ギョウジャニンニクと見た目が近いために誤ってスズランを食べて中毒になったりと、死亡事故に至る
ケースもあります。

よって、小さなお子さんがいるご家庭でスズランを飾る際には、決して手が届かない場所に置くことを
オススメします。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。