役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

昆虫で色素を作っている?

SAMSUNG

鮮やかな色は実は昆虫から抽出したものかも

天然着色料の「コチニール色素」は、リキュール酒のカンパリ・かまぼこ・かき氷のシロップ・お菓子類
などに使われていますが、この色素はエンジムシ(コチニールカイガラムシ)という「昆虫」を乾燥
させて、エタノールや水で抽出して作られいる
のです。

食品以外では口紅や絵の具がそうで、もちろん全て安全性の試験に合格しているから使われています。

人体に特に害が無いとされていますが、今日では「合成着色料」にシフトする動きが目立ってきており、
天然着色料の使用頻度は減少傾向にあるということです。

非常に稀なケースでアレルギーを起こした例がありますが、色素ではなく原料のタンパク質が原因である
ことが判明し、低アレルゲン化処理がされるようなりました。

2012年にはアメリカの大手コーヒーチェーンでもコチニールを使わないことが決定しましたが、いくら
安全性が保障されているとはいえ、昆虫が原料になっているという点でちょっと嫌な感じがしますね。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。