デスノートの怖い都市伝説!ネット上の実名掲示板事件?

スポンサーリンク

デスノート都市伝説

ある時、学校において不可思議なノートを拾った高校生の夜神月が、
それを死神が落としたノートだというのにきづく。

デスノート“と言われるこれらのノートというものは、
他人の顔つきを思い起こし続ける一方で氏名をしたためることで、
当人物を死亡させることができてしまうものなわけだ。

その事実を認識した月は、己の求める世の中を構築すべく、
「デスノート」を利用して引っ切り無しに凶悪な犯罪者を殺めていく・・・。

これまでの漫画としてはある筈のない設定と、
徹底的なサスペンスコンテンツを基点として
『DEATHNOTE』は非常に大きなヒット作品となった。

トータル発行数は3000万部を突破、
ワールドワイドに翻訳版がリリースされた。

しかしながら、これらのオリジナリティーの
高い世界観に惹きつけられてしまうマニアが頻出。

img_8bc8344bfefd3b11f6832d2d6089e74f162928

ベルギーのブリュッセル市の中で男の人の死体が
見つけられたケースであれば死体の近辺に

「WATASHlWAKlRADESS(私はキラです)」

というように描き出されたメモ書きが見つけ出され、
『DEATHNOTE』の信者を言い放つ男性が捕まえられた。

また、ロシアにおいても、
この作品にのめり込んでいた女の子が自殺

middle_1368020190

保護者団体が『幼い子供たちに死に対する関心を煽る』などとして、
同書の発禁を催促し、
プーチン大統領に直談判するということにすらも進展した。

数多くの社会的なインパクトを与えた
『DEATHNOTE』だが、
それに留まらずネット上のとある掲示板に
氏名を記載された人物がリアル社会において死亡するという
事件が発生
する。

今でこそネット上のコミュニケーションは
匿名でやりとりされる傾向が強いが、
何年か前までは実名がほとんどであった。

そこでは当然の事、
個人に向けての誹誇中傷が相次ぎ、
裁判沙汰が引き起こされるケースも珍しくありませんでした。

すなわち、氏名を認知されることと、
攻撃のターゲットになるというのは同じ意味であったわけだ。

まるで「デスノート」に、
氏名を書かれるのと一緒のように・・・。

2c81e162

他にも恐ろしいことに、
その掲示板では『殺したい人間の実名をあげるスレ』という名のスレには、
死に方に関しては掲載されていませんが、

[warning]氏名を記載されてしまった人たちが、
2012年4月に関越自動車道で起こった
ハイウェイバス事故で本当に命を落としているわけだ。[/warning]

言うまでもなく結びつきは不明瞭ではありますが、
尋常じゃない偶然の合致なことは疑いの余地はない。

都市伝説を信じるか信じないかはあなた次第・・・。

YouTube

動画で見る人は上記からどうぞ!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました