役に立ちそうな面白情報を集めた広場です♪

menu

面白情報広場♪

西郷隆盛の陰嚢は異常なまでに肥大化していた

age

西郷の身体に何が起こっていたのか

同じ薩摩藩の大久保利通や長州藩の木戸孝允らと並び「維新の三傑」の1人である「西郷隆盛」は、
事実上藩主だった島津久光との敵対などで徳之島に配流され、後にさらに遠い沖永良部島に流され
獄舎で過ごしたことがあります。

そこでは風土病であるフィラリア感染症にかかってしまい、その後遺症で象皮病という病気を患い
ましたが、この病気は皮下組織の結合組織や末梢部の皮膚が硬くなり、象の皮膚のようになってしまう
病気です。

その影響で西郷の陰嚢はとんでもない程肥大化してしまい、一説によるとカボチャ位の大きさまで
膨れ上がっていた
ということです。

明治維新後の西郷は征韓論の件で政府と対立しますが、参議を辞職して下野し西南戦争へと出向き
ましたが、結果負けてしまい自決しました。

西郷の斬られた首は何者かが持って行ってしまいましたが、政府軍は首のない遺体が西郷のものだと
すぐに確信できました。

それは、異常なまでに肥大した陰嚢が何よりの根拠だったからです。

合わせて読みたい人気記事:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。